未熟練労働者対象に 災害事例検討会開く 栃木労基署

2012.07.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 栃木労働基準監督署(小林茂署長)は6月7日、佐野市勤労者会館で未熟練者を対象に災害事例検討会を開いた。

 検討会は、同労基署が災害の大幅減少を目的に取り組んでいる「栃木労基署管内『安全宣言』運動!」の一環。今後も年度末までほぼ毎月、テーマを変えて教育講座を行っていく。

 同検討会は「シャーの刃の交換作業中に上刃が落下し、上刃と下刃の間にはさまれ死亡」などの災害事例をもとに、原因や背後要因を洗い出し対策を立てるというもの。参加者は真剣に意見を出し合っていた。

平成24年7月1日第2165号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。