メンタルヘルス 対策事例を発表 東京労働局

2012.12.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京労働局(伊岐典子局長)はこのほど、従業員の健康づくりに向けた企業の取組みを活性化するため、「産業保健フォーラム IN TOKYO2012」を開催した。味の素㈱など2社が取組み事例を発表した=写真

 同社人事部健康推進センターの横尾亜子保健師は、再発防止に重点を置いたメンタルヘルス対策を紹介した。メンタル不調による休職者向けの復職プログラムを用意し、月1回の面談を行いながら休職前から復帰まで一貫した支援を展開。休職中は、原職復帰後のストレスに負けないためのトレーニングを行う。

平成24年12月17日第2901号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ