障害者雇用率が大幅に改善 埼玉労働局

2012.12.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 埼玉労働局(安藤よし子局長)は、県内の障害者雇用状況を明らかにした。法定雇用率達成企業割合は、前年比4.9ポイントアップの43.9%と飛躍的な改善を遂げた。昨年11月以降雇用率未達成の全企業にローラー作戦を行ったことが奏功したとみている。

 調査結果によると、県内の雇用障害者数は前年比762.5人(9.1%)増加の9166.0人、平均実雇用率は同0.11ポイントアップの1.62%、法定雇用率達成企業割合は同4.9ポイントアップの43.9%で、同割合の伸び幅は全国第1位となった。最下位だった前年を脱し、過去最高の全国39位まで改善している。

 同労働局では、昨年7月から障害者雇用支援プロジェクトをスタートさせたほか、11月からは労働局とハローワークが雇用率未達成の全企業に繰り返し訪問・呼出し指導を実施するローラー作戦などを展開。その成果が法定雇用率達成企業割合、実雇用率に反映したとみている。

関連キーワード:
平成24年12月3日第2899号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ