雇用就業施策「中間まとめ」 高齢者向け職業訓練強化 中小の人材確保へ 介護と仕事両立も支援 東京都審議会

2012.12.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京都知事の諮問機関である東京都雇用・就業対策審議会は、「社会ニーズの変化に的確に対応する雇用就業施策のあり方」に関する「中間のまとめ」を明らかにした。少子高齢化の進展を踏まえ、中小企業の人材確保を後押しして社会の「支え手」を増やす施策を提言している。業界団体と連携した人材育成プログラムの運用や新たな在職者訓練コースの開発により、転職希望の高年齢者の能力開発を支援するとした。介護を理由とした離職を防ぐため、仕事との両立支援施策も強化する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年12月3日第2899号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ