川崎商工会議所 中小企業活性化で条例案 人材の確保・育成へ

2015.04.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

市長・議会へ制定求める

 神奈川・川崎商工会議所(山田長満会頭)は、川崎市内の中小企業活性化に向けた成長戦略を定めた条例案をまとめ、福田紀彦川崎市長と川崎市議会の浅野文直議長に手交した(写真)。事前に実施したヒアリング調査の結果を踏まえ、人材の育成・確保対策を盛り込んでいる。条例が制定された際に中小企業の活性化が順調に進行するよう、PDCAサイクルが回る仕組みとする。商工会議所による、中小企業活性化を目的とした条例案作成は全国的にも異例としている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年4月27日第3014号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ