組織風土「期待外れ」4割 若手社員に意識調査 入社前後のギャップ解消を 早期離職防止へ経営協会報告書

2012.08.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 入社前のイメージと入社後の実態とのギャップが大きい若手社員ほど、転職や退職への意識が強い――こんな傾向が、一般社団法人日本経営協会がまとめた「若手社会人就労意識ギャップ調査報告書」で明らかになった。入社3年目の社員のうち、所属企業の雰囲気・組織風土や仕事内容の実態が「学生時代のイメージよりも悪い」と考える者がそれぞれ約4割に上り、そのうちの1割以上が「すぐに退職したい」と回答している。同協会は、早期離職を防止するため、若手社員の意見に耳を傾け、ギャップ解消に向けて魅力ある職場や人事制度を構築するよう提言している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年8月20日第2885号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ