転倒災害減少へ 小売業に講習会 東京労働局

2012.08.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京労働局(山田亮局長)は7月17日、小売業を対象に労働災害防止対策講習会を開いた。

 同労働局管内では卸・小売業の災害が大幅に増加。今年の死傷災害(休業4日以上)は前年同期比47%増の440件(5月末現在)に上る。

 講習会の趣旨を説明した山田局長(写真)は、「小売業の災害は軽微なものが多いと思われがちだが、死に至るケースも増えている。安全確保に目を向けて対策を講じてもらいたい」と呼びかけた。講習会では、小売業でめだつ転倒災害を防ぐため、通路などの明るさの配慮や4S活動(整理・整頓・清潔・清掃)の徹底などを要請した。

平成24年8月6日第2883号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ