現場の危険性を排除 伊岐局長が建設工事パトロール 東京労働局

2012.12.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京労働局(伊岐典子局長)は11月27日、労働災害防止のための建設現場安全衛生パトロールを行った。伊岐局長(写真右)が、東京都下水道局が発注したトンネル工事現場(第二溜池幹線および勝どき幹線工事、施工=間・大豊・安藤建設共同企業体)を訪れ、約2時間にわたり、全長2.4キロメートルのトンネル内の安全衛生対策をチェックした。

 点検を終えた伊岐局長は、「災害防止に役立つ新しい取組みをたくさん確認できた」と強調。とくに、元請の若手職員に常時携帯させている「ポケット指示書」の活用が、安全意識の向上につながっているとして高く評価した。若手職員が日常的に現場の危険箇所を洗い出して指示書に記入し、協力会社への改善指示と上司に対する報告を行っている。

平成24年12月10日第2900号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ