立入禁止せず建設業者送検 上野労基署

2012.03.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・上野労働基準監督署(杉浦純署長)は、アース・ドリル機の旋回範囲内への立入禁止措置などを講じていなかった建設業の㈱ザイテック(千葉県千葉市)と同社の代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで東京地検に書類送検した。

 平成23年5月、東京都台東区内の商業施設の改築工事現場で、二次下請の同社作業員が杭穴の安定液の確認・補充作業に従事していたところ、アース・ドリル機の上部旋回体のカウンターウエイトと墜落防止用の手すりの間に挟まれて死亡する労働災害が発生した。

 調べによると、同社は安衛法において車両系建設機械を用いた作業を行う場合に、接触の危険のある場所に労働者を立ち入らせてはならないと定めているにもかかわらず、立入禁止措置を講じず、誘導者も配置していなかった疑い。

 アース・ドリル機の運転者がバケットを交換する際、気付かずに巻き込んだものとみている。

平成24年3月12日第2864号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ