選定基準の例示す 継続雇用制度導入へ冊子 富山労働局

2012.02.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 富山労働局(堀江雅和局長)は、独自に高年齢者雇用安定法ガイドブックを作成した。65歳までの「高年齢者雇用確保措置」の解説にとどまらず、継続雇用制度を導入する際の就業規則の変更や対象者を選定する場合の労使協定の中身についても記載例を示してアドバイスしている。

 ガイドブックでは、高年法で事業主に課される義務として①60歳未満定年の禁止、②65歳までの高年齢者雇用確保措置、③中高年齢者が離職する場合の措置――の3つを挙げ、それぞれの注意点を明らかにしている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年2月6日第2859号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ