【特集2】メンタルヘルスは安全にも直結 シンポジウム―健康KYから睡眠判定 安衛活動のマンネリ防止へ―専門部会/全国建設業労働災害防止大会

2016.11.03 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 建設業労働災害防止協会は9月29~30日、名古屋国際会議場(名古屋市・熱田区)で第53回全国建設業労働災害防止大会を開催した。今回の目玉は、「建設業のメンタルへルス その必要性とこれからのあり方」と題したシンポジウム。建災防が今年9月に発表したばかりの「建災防方式健康KY」と「無記名ストレスチェック」によるメンタルヘルス対策の促進を狙ったもので、シンポジストとして精神科医、弁護士、大手建設会社役員、厚生労働省分析官などが登壇し、健康KY後の睡眠判定が「不安全行動」を防ぐ観点からも有効であることが改めて強調された。専門部会では、建築、土木など5つの部会で事例を発表。女性社員による安全パトロール「美守(みまもり)隊」など、安全衛生活動のマンネリ化防止を意識したユニークな取組みが目立った。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年11月1日第2269号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ