【特集2】建設現場のメンタルヘルス対策 ―後編― 「無記名チェック」を試行 職長会活動が好い雰囲気育てる/建設業労働災害防止協会 田村 和佳子

2016.09.17 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 建設業のメンタルヘルス対策は「健康KY」と「無記名ストレスチェック」を現場の安全施工サイクルに取り込んで行うのが効果的だとして、前編では実施の流れを説明してもらった。後編では、現場での試行結果を紹介してもらいながら実施の流れを見ていく。現場の健康KYは職長主導で熱心に進められ、無記名ストレスチェックの結果は全国平均を上回る結果となった。作業員の入れ替わりが激しい現場で重要になるコミュニケーションの促進に、職長会活動によるヨコのつながりが大きく貢献している様子が窺える。…

執筆:建設業労働災害防止協会 建設業メンタルヘルス対策アドバイザー
田村 和佳子

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月15日第2266号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ