【特集2】メンタルヘルスケアを上手に進める法 明確な「ルール作り」を 飽きさせない施策が必要 その3 施策の立案は計画的に/根岸 勢津子

2014.05.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 メンタルヘルスケアの組織的取組みは、「ルール作り」と「従業員への施策」で成り立っている、と根岸さんは指摘する。最後となるこの章では「従業員への施策」について解説。「教育研究」「メンタルチェックテスト」「相談窓口の設置」など具体的な施策は、計画的な準備と見直しが必要としている。例えば「メンタルチェック」では、従業員から猜疑心を買わないよう十分に告知することや実施後は産業医の協力を要請しておくことなど計画的に行うことが重要という。…

執筆:㈱プラネット 代表取締役 根岸 勢津子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年5月1日第2209号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ