【特集2】全国労働衛生週間特別企画 産業医との正しい付き合い方 失敗しない関係づくりとは その2 フォーマットを作る/根岸 勢津子

2013.09.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

きちんとした契約書で

 皆さんの会社では、産業医に企業の思いどおり働いてもらうために、どのような準備をしているだろうか。専属産業医であれば、部屋もデスクも用意され、産業医主導でさまざまな業務フローや帳票類が決められていることが多い。「健康管理室」や「健康サポートセンター」など、組織上の機関として機能し、そのミッションや役割も明確な場合が多い。

 しかし、月に1度、1回当たり2時間程度の嘱託産業医の場合、ある程度、企業側がいろいろなことを決めておく必要がある。…

執筆:㈱プラネット 代表取締役 根岸 勢津子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年9月15日第2194号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ