【特集2】快眠から始まる働き方改革 お昼寝タイムの制度化 睡眠管理者を新設も

2018.12.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 近年、IT企業や寝具メーカーなどを中心に昼寝の制度化など睡眠改善に役立つ取組みが活発化している。今号特集2では、昼食後の15分間を「お昼寝タイム」と位置付け、仕事のパフォーマンス向上につなげている西川リビング㈱、社員の睡眠管理を後押しするため社内に専門の管理者を新設し、面接などを積極的に実施しているKoala Sleep Japan㈱など3社の事例を紹介する。睡眠はメンタルへルスの状態を把握する重要なバロメーターだ。睡眠の質から働き方改革の真価を見極めることは、回り道のように見えて案外近道なのかもしれない。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年1月1日第2321号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ