【特集2】ストレスチェック 企業はどう取り組むか 法改正で50人以上の義務 職場内の連携がカギに/岡田 邦夫

2014.09.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 労働安全衛生法が改正され、労働者に対して心理的な負担の程度を把握するための検査(ストレスチェック)を実施することが事業者の義務となる。今回特集では、大阪ガスの統括産業医としてストレスチェックを実践してきた岡田邦夫さんに、企業で取り組む際のポイントについて説明していただいた。ストレスを放っておくと、やがては生産性の低下や職場のモラール低下にもつながってしまう。医師、保健師による結果の評価から、産業保健スタッフを交えた職場の対応、さらには管理者の協力がカギになるという。法律は平成27年12月までに施行予定。いまから準備をしておきたい。…

執筆:大阪ガス㈱ 人事部 大阪ガスグループ健康開発センター 統括産業医 岡田 邦夫

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年9月1日第2217号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ