ストレスチェック 仕事の負担量を考慮 職場環境改善し不調予防へ 検討会で23項目提案 厚労省

2014.08.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 改正労働安全衛生法で労働者50人以上の事業場に義務づけるストレスチェックの項目について、厚生労働省は医師などの専門家による検討を始めた。「ひどくつかれた」「ゆううつだ」など2011年に示された9項目に、新たに「仕事のストレス要因」「周囲のサポート」のカテゴリを加えた23項目を提案している。労働者のストレス反応だけで検査を行うことは推奨せず、「時間内に仕事が処理しきれない」「自分のペースで仕事ができる」といった仕事の負担量やコントロールも考慮する必要性を示した。検査を入り口として職場のストレス環境を把握、改善しメンタルヘルス不調の未然防止につなげる。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年8月1日第2215号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ