【今週の視点】ストレスチェック 職場環境改善ツールと心得よ

2015.05.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

選別狙う利用は論外 50人以上事業場で義務化

 今年12月から50人以上の事業場に実施が義務化される「ストレスチェック」は要注意と心得たい。市場が大きく拡大した同チェック実施機関などは自らの宣伝に余念がないが、企業としては、本来の目的である職場環境改善のためのツールとしての利用に徹してもらいたい。間違っても差別・選別を目的とした利用は許されない。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年5月11日第3016号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ