ストレスチェック 所定の様式で労基署へ報告

2015.09.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 常時雇用する労働者が50人以上ならば、労働基準監督署へ報告を――神奈川労務安全衛生協会藤沢支部(白樫充彦支部長)は、全国労働衛生週間湘南地区推進大会を開催し、藤沢労働基準監督署の永吉浩一安全衛生課長が、今年12月から始まるストレスチェックの実施方法を説明した。

 永吉課長はストレスチェックの一次目的を、労働者自身がストレスに気付いたり、職場環境の改善を通じ、メンタルヘルス不調の未然予防にあると強調した。また、「常時50人以上の労働者を雇用する事業者は、所轄の労基署に対してストレスチェックの実施を、所定の様式に記入して報告しなければならない」と説明している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月28日第3034号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ