【特集1】発注者主導の災害防止活動 工事会社間で好事例を共有 現場へ専門家が出向き点検

2019.09.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 建設業の労働災害を防止するうえでは、事業者の行う安全管理活動だけでなく発注者の関与も重要な役割を担っている。特集Ⅰでは、発注者の責務として現場の災害防止活動を支援している成田国際空港株式会社と東京都住宅供給公社の2事例を取り上げる。現場間で優良事例や災害情報を共有し、安全表彰によって日々の活動を称えるほか、専門家による足場点検を行わせるなど、現場の安全確保へ向けた積極的な関わりが成果を上げている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年9月15日第2338号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ