【特集1】安全装置は切るな!! 「要注カード」で核心ズバリ 過去の教訓から類似災害防止へ/東鉄工業

2016.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 鉄道専門技術の特性を生かして、線路、土木、建築、環境事業を手掛ける東鉄工業㈱では、「安全装置は切るな!!」など核心をズバリと突いた「要注カード」で、重大事故防止のポイントを現場作業員へ伝えている。深刻さを訴えるため、写真、イラストなどを用い、事故の誘因なども示す。カードの作成に当たっては、自社、他社で経験した事故、災害を教訓とする「10年反省リスト」を活用し、類似災害の防止を徹底している。要注カードは教育ツールを越えて現場に根付き、作業する際に欠かせないものになっている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月15日第2254号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ