【特集1】酸欠対策は予防が第一 危険な場所を知っておこう

2018.03.16 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 酸素欠乏症による労働災害が後を絶たない。危険場所と知らずに助けに行き、救助しようとした者も被災してしまうケースが少なくないという。町田安全衛生リサーチの村木宏吉代表は、酸欠防止対策は救助よりも予防が大事とし、「危険場所、危険作業の周知徹底」「常に換気をする」「リスクアセスメントの実施」を求めている。正しい知識を身に付けることで、酸欠災害は撲滅できるとした。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月15日第2302号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ