【特集1】酸欠対策は予防が第一 危険な場所を知っておこう

2018.03.16 【安全スタッフ】

 酸素欠乏症による労働災害が後を絶たない。危険場所と知らずに助けに行き、救助しようとした者も被災してしまうケースが少なくないという。町田安全衛生リサーチの村木宏吉代表は、酸欠防止対策は救助よりも予防が大事とし、「危険場所、危険作業の周知徹底」「常に換気をする」「リスクアセスメントの実施」を求めている。正しい知識を身に付けることで、酸欠災害は撲滅できるとした。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成30年3月15日第2302号

あわせて読みたい

ページトップ