【特集1】リスク抽出で動画撮影 映像が客観的視点つくる 運搬時の衝突防止に効果/サンデン八斗島事業所 流通管理グループ

2015.02.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 サンデン㈱八斗島事業所(群馬・伊勢崎市)の流通管理グループでは、リスクアセスメントのリスク抽出過程を動画撮影することで危険箇所発見の精度を上げている。作業者自身が、映像という客観的視点に立って自分の動きを確認することで、作業中に気付かなかった潜在的な危険を見つけ出すのが狙いだ。台車による運搬作業では、作業者の視野に注目。台車を緊急回避する動作を見つけ、通路上で衝突する危険を改善した。注意すべき事項はワンポイントレッスンとしてまとめ、作業の標準化にもつなげている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年2月1日第2227号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ