【特集1】標準作業の作成で職長能力向上 人間味ある“親爺”復活へ マツダ本社工場の管理者育成施策

2014.12.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 強い現場力、頑強な安全文化・風土の実現へ向けた管理者づくりに力を入れているマツダ㈱本社工場。現場で部下を守る管理者像として掲げるのは、「マネジメント力」と「人間味」を兼ね備えた、かつて“親爺”と呼ばれたような安全のプロだ。マネジメント力の面からは標準作業の設計を通じて作業改善と職長のレベルアップを図るとともに、管理者研修では、現場で部下を守ってきた親爺のような厳しさと思いやりを持つ、人間味のある人づくりを進めている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年12月15日第2224号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ