【特集1】ストレスチェックで職場改善 討議から問題解決策を立案 社員自らが行動する仕組みづくりへ/NTTデータ

2015.10.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 もうすぐ始まるストレスチェック制度では、メンタルヘルス不調の一次予防としてストレスチェック結果の集計と分析に基づく対応が事業者の努力義務として規定された。こうした一次予防の取組みとして、㈱NTTデータ(本社:東京・江東区、従業員1万1100人)ではチェック結果を生かした活動を行っている。働きやすい職場環境を実現するため、「仕事の繁忙で早く帰れない」「技術を習得したい」「情報が共有できてない」などの仕事上の“負担感”をどう減らすか、社員自らが積極的に行う「職場ディスカッション」によって課題解決を図る。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年10月15日第2244号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ