【特集1】職場改善事例を社内に水平展開 相談しやすく〝質問タイム〟 シート使いストレス低減計画 三井化学のストレスチェック

2016.12.02 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 従業員50人以上の企業にストレスチェックが義務付けられて1年。事業場では1回目の実施を終えたところだが、ストレスチェックの結果は個人に返すだけでなく、小集団ごとに傾向を分析して職場改善に生かすことが努力義務として定められている。三井化学㈱では、「未完成でも早めの報告を促してフォローする」「部下が相談しやすいよう質問タイムを設ける」など、ストレスの少ない職場に見られる優れた上司のマネジメント、コミュニケーション策を好事例として社内に水平展開。集団分析でリスクがある集団はシートを使ってストレス低減計画を作り、働きやすい職場づくりを目指す。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年12月1日第2271号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ