【追跡レポ】NTTデータ/グローバル人財育成策 心揺さぶるボランティア体験

2014.10.13 【労働新聞】

2年目社員に海外研修 現地で異文化理解を促進

特別小学校で習字を教える研修生(インドネシア)

 海外展開を加速する㈱NTTデータ(東京都江東区、岩本敏男社長、従業員数・単独1万1000人、グループ全体約7万5000人)の中核を担うパブリック&フィナンシャル(P&F)カンパニーでは、グローバル人財の底上げに力を入れている。2年間の新入社員育成期間の2年目に実施している海外研修について、中国・インドのほかに今年から東南アジアを追加するとともに、現地文化を理解するためのボランティア活動も実施した。「心が揺さぶられる体験」をした研修生は、帰国後も海外への思いを持続し、将来の海外ビジネスへの参画に備えている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成26年10月13日第2988号15面

あわせて読みたい

ページトップ