【追跡レポ】堀場製作所/ホリバカレッジ 社内講師で250講座展開

2013.09.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

基礎と専門幅広く学ぶ 先人が企業文化語る場も

グループワーク中心に実践的に学ぶ(研修センターで)

 人財育成に力を入れる㈱堀場製作所(京都市南区、堀場厚社長、従業員数・単体1417人、連結5448人)では、2009年から新たな研修プログラムとして社内大学「ホリバカレッジ」を開校している。開発、生産、営業、管理の専門分野別4学科を設け、年間約250種類の講座を企画・運営している。社内から精選された講師から技術・技能を次世代へ伝承していくことが目的。基礎から専門知識まで体系的に幅広く学ぶ。1泊2日の研修コースでは、先人を招き経験談を聞くことで、企業文化・哲学の共有・継承につなげている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年9月16日第2937号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ