【特集1】快適職場 ヒューマンウエア重視の時代へ 管理者に欠かせないスキルとは/多田 敏基

2014.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 快適職場づくりは、作業環境、疲労回復施設といったハード面からソフト面、ヒューマンウエア面が重視される時代を迎えている。風通しのよい職場とするために、中災防東京安全衛生教育センターの多田敏基講師は、管理・監督者に欠くことのできない3つのスキルをあげた。コンセプチュアルスキル(組織統制技術)、ヒューマンスキル(対人技術)、テクニカルスキル(固有技術)で、例えばテクニカルスキルは、「部下の困っていること」を認識することを指し、部下の共感を得る努力が信頼を得る第一歩としている。こうしたヒューマンウエアに対する配慮が職場風土改善のカギを握るという。…

執筆:中央労働災害防止協会 東京安全衛生教育センター 講師 多田 敏基

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年3月15日第2206号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ