【特集1】ポイント制度導入しリスク低減に弾みを リカバリー制度で敗者復活/旭硝子 愛知工場

2013.08.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 労働災害防止への意識を高めるため、安全成績の優れた職場・個人を表彰する企業は少なくない。旭硝子㈱愛知工場でも、部署ごとに無災害表彰を行ってきたが、2005年より災害をポイント化する制度を導入している。以来、定量的な評価ができるようになり、リスク低減への関心がさらに高まっているという。また、以前は微傷災害以上が発生した時点で表彰対象から外れていたが、リカバリー制度の新設で、安全への意識が失せないように〝敗者復活〟の配慮もしている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年8月1日第2191号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ