【特集2】労災防止へICT活用 工事別・対策別に整理 建災防が一般公開

2019.06.25 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 建設業労働災害防止協会はこのほど、「労働災害防止のためのICT活用データベース」の一般公開を開始した。労働災害防止に役立つ建設現場でのICT施工の情報を収集し、活用分類、工事別、抑止可能なリスク、対策別などに整理。約300事例が閲覧可能だ。大きな特長は、利用に当たっての注意点や残留リスクに加え、導入費用、提供元のICT施工企業の連絡先などを示したところ。定期的に事例の情報を更新するとともに、「開発が望まれるICT」などユーザーの要望も掲載し、さらなる技術開発につなげたい考えだ。

建設機械を簡単に遠隔操作

 建設業は現在、空前の人手不足に見舞われている。その結果、労働災害や過重労働による健康障害のリスクが高まるなど、さらなる人手不足を呼ぶような悪循環が生じることが懸念されている。

 そこで今注目されているのが、…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年7月1日第2333号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ