新しい安全標識示す 加齢や視力の違いに対応 中災防が作成

2019.05.30 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

写真1

 中央労働災害防止協会は、「多様な労働者向けわかりやすい図示化の手引き」を公表した。さまざまな国から訪れる外国人労働者や、労働者の高齢化に伴う加齢や視力の違いに対応した新しい安全標識を示している。多くの人々が共通に認識できるものが求められていることを踏まえ、交通・公共施設などで広く普及している案内図記号に合わせ「図記号」を用い、…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年6月1日第2331号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ