復興工事でチェックリスト 関係支部へ周知徹底を指示 建災防

2011.05.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「重機運転」「地山崩壊」対策示す

 建設業労働災害防止協会は4月19日、東日本大震災による復興工事での労働災害を防止するため、確認するべきポイントを「災害復興工事安全衛生対策チェックリスト」としてまとめ、関係支部へ周知徹底を指示した。チェックリストは建災防の労働災害防止規程を基盤としたもので、「建設機械等関係」「地山の崩壊関係」「石綿関係」などについて、運転資格の確認や掘削溝への支保工など40項目を確認できる。「通常の工事とは違い、安全器具の不足や未経験者による作業なども懸念される」としており、チェックリストを安全対策を講じるきっかけとして役立ててもらう考えだ。建災防の安全指導者などが中心となり、被災地での活用を図るとしている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成23年5月15日第2138号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。