【フォーカス】曙ブレーキ工業/育・介理由の退職で復職可 女性管理職の育成対策

2019.04.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

女性管理職の育成対策

保育園では昼食時に親子で食事を摂ることも可能だ

 自動車部品メーカーの曙ブレーキ工業㈱(埼玉県羽生市、連結9240人、信元久隆代表取締役社長)は、キャリアパートナー制度など4施策を実施、ダイバーシティの一環として女性の管理職育成に力を注いでいる。同制度は、育児や介護などの事由で勤務が難しくなり、退職した社員を対象に、一定の条件で復帰を認めるもの。保育園に入園できず、育児休業から職場復帰が遅れる社員がいる場合を想定し、0~2歳児を対象とした事業所内保育所も設置した。年2回の人事評価会議を通じて、管理職を全社規模で育成する試みも続ける。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年5月6日第3207号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ