【トピックス】他現場の目で安全パト 見過ごしていた危険箇所を発見 好事例展開しレベルアップ図る/新宿労基署・池袋労基署管内 大規模建設工事災害防止連絡協議会から

2019.03.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大型の建設工事が続く東京都内では、大規模建設工事現場同士が会社の壁を越えて力を合わせ労働災害をなくそうと研さんに努めている。大規模建設工事災害防止連絡協議会(以下、大建協)では、工事現場の相互巡視を通じて見過ごされていた不安全箇所を指摘し合い、先進的な安全活動事例を学び合う。外現場の工事担当者の「目」から良い刺激を受けている。新宿、池袋の両労働基準監督署管内で開催された大建協の様子をお伝えする。

スマホアプリで意思疎通 IoT機器活用して管理進める 日体協・JOC新会館(仮称)建設計画/新宿労基署

パト結果をタブレットで共有

 大規模建設工事災害防止連絡協議会(以下、大建協)は、請負金額50億円以上の工事現場をメンバーとする自主組織で、会場を持ち回りに定期的に開催している。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年3月15日第2326号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ