コンクリ塊に激突して死亡 新宿労基署・送検

2019.06.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・新宿労働基準監督署(金田文人署長)は労働者の立入区域を設定しなかったとして、㈱荒井興業(東京都八王子市)と同社現場責任者を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで東京地検に書類送検した。東京都中野区内のマンション新築工事で平成29年4月5日、杭打作業で発生したコンクリートの塊を、ドラグショベルを使って一時的に仮置きする作業をしていた。

 ドラグショベルのバケットの背中で地面を均していたところ、突然コンクリートの塊が法面を転がり出した。下方で作業していた労働者にコンクリートの塊が激突、死亡災害となったもの。

 同労基署の調べで、物体が落下の危険を及ぼす恐れのあるときは、防網を設け立入区域を設定しなければならないが、措置を怠っていたことが明らかになった。「作業を早く進めるために設置していなかった」と同労基署はみている。

令和元年7月1日第3215号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ