【トピックス】建設業の災害増加で緊急対策 中央労基署――「決起大会」開く 大田労基署――墜落防止徹底を要請

2014.08.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 工事量の増加に伴い東京労働局管内で建設業の労働災害が増えている。こうした状況から、増加傾向にある管内の労働基準監督署では緊急事態として対策に乗り出した。中央労基署(村田泰昌署長)は7月15日に建設業者を集めて「決起大会」を開催し労働災害防止の徹底を求めた。一方、大田労基署(毛利均署長)ではとくに墜落災害が昨年と比べ2倍以上発生していることから、建設業労働災害防止協会東京支部大田分会長に再発防止を徹底するよう要請している。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年8月15日第2216号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ