【今週の視点】外国人材 “日本人並み”どう検証? 受入れ前提は「同一賃金」

2019.01.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

新設の特定技能資格

 「特定技能資格」を創設する改正入管法が公布され、年末には政府による基本方針等も公表された。引き続き政省令等の整備が進められているが、外国人材受入れの前提として、賃金等の待遇改善が欠かせない。働き方改革により「同一労働同一賃金」の実現に向けた動きが加速しているが、外国人材に対しても、その方向性で適正な仕組みを構築していく必要がある。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年1月21日第3193号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ