【今週の視点】最賃と「同一賃金」に矛盾!?

2016.10.17 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

加速する政策的調整 格差是正は複眼的視点で

 平成28年10月1日に新しい地域別最低賃金が発効したが、その引上げ幅は過去最大級となった。一方、厚生労働省内の検討会では、「同一労働同一賃金の実現」に向けた検討が急ピッチで進められている。ともに非正規従業員の賃金底上げを目的とするが、その基本思想には相反する面もある。両者の関係を解きほぐすには、賃金決定要素の多面性という視点が欠かせない。…

 

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年10月17日第3084号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ