【フォーカス】町田市/時差勤務制度 出退勤を前後1時間ずらす 申請は1カ月単位で

2018.12.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

子育て中の利用者めだつ

 東京都町田市(石阪丈一市長、正規職員3092人)は昨年7月から、全正規職員を対象に「時差勤務制度」を実施した。出退勤の時間を前後に約1時間ずらし、勤務時間を5つにして職員が働きやすい環境を整えた。利用に当たっては、1カ月単位で上司への申請を求める。子育て中の職員の間で利用が広まっている。制度導入後は朝礼やデジタル化の推進で職場内の情報共有の徹底を図る。正規職員全員を対象にした時差勤務は東京都庁や企業で実施されているが、都内の自治体では初めてとなる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年12月10日第3188号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ