【フォーカス】トランストラクチャ/生産性の向上策 情報共有にウェブ会議導入

2017.04.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

オフィス分散も行う 通勤時間が平均で数十分減

 人事コンサルティング業の㈱トランストラクチャ(東京都千代田区、林明文・森大哉代表取締役社長、50人)は、オフィスを分散化して通勤時間を短縮したり、ウェブ会議システムを導入したりすることで、生産性向上をめざしている。オフィス分散に伴い、通勤時間は平均数十分短くなった。ウェブ上でも充実した会議ができるよう、日頃から管理職による社員教育にも力を注ぐ。人事評価は管理職、役員の間で共有し、実態に基づく正確な評価にして納得感を高める。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月17日3109号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ