【フォーカス】クリエイティブキャスト/キッズルーム設け両立支援 離職率15%から半減

2020.06.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

仕事行き詰まり解消にも

 システム設計などを行う㈱クリエイティブキャスト(東京都港区、佐々木孝仁代表取締役、85人)は、社内にワークスペースを併設した「キッズルーム」を設けて仕事と育児の両立を支援している。子連れ出勤した社員は、子供に目が届く場所で仕事を行う。社内での評判は良い。子供のいない社員からも「仕事に行き詰まった際、キッズルームに足を運ぶとやる気が湧いてくる」などの声が聞かれる。このほか、家族の記念日を「アニバーサリー休暇」とする制度や、会社が独自に「祝日」を設定する仕組みも運用中。離職率は15%から8%に低減した。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年6月15日第3261号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ