ハラスメント防止 年明けに「集団協定」 NCCU

2018.11.01 【労働新聞】

介護業界“労使の会” 従事者の地位向上狙う

 UAゼンセン・日本介護クラフトユニオン(久保芳信会長)は、労使関係のある法人とともに運営する「労使の会」において、現場で多発し社会問題化しているハラスメントの防止に関する「集団協定」を年明けにも締結する。2度目のハラスメント防止協定だが、対象者を明確化し、サービスの利用者とその家族から介護従事者を守るスタンスを鮮明にした。体に触られたり、卑猥な言動を繰り返されたりして精神を病んでしまうケースが少なくなく、労使で撲滅に動き、業界や従事者の社会的地位向上を狙う。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年11月5日第3183号4面

あわせて読みたい

ページトップ