希望月額は26万円 賃金改定の満足度2割 NCCU・賃金実態調査

2018.02.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 介護従事者およそ7万2千人でつくるUAゼンセン日本介護クラフトユニオン(NCCU・久保芳信会長)は1月24日、「2017年賃金実態調査報告書」を公表した。

 同年に賃金改定があったか尋ねると、月給制組合員は「あった」48.7%、「なかった」30.3%で、時給制組合員は同じ順に33.6%、41.4%。改定後の月額水準も順に24万1022円(4790円増)、13万7936円(4955円増)で、ともに満足度は2割台と低い。月給制組合員は過半数(56%)が改定された賃金に不満と答えた。

 介護従事者の賃金改善に必要なことを聞くと、月給制・時給制の双方とも5割前後(順に52.4%、48.5%)が「介護報酬の引上げ」と答え、希望する月額賃金は順に25万7924円、16万4046円。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月5日第3147号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ