”署名20万筆”大臣に NCCU 介護報酬引上げで要請

2014.11.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 介護従事者約6万7000人でつくるUAゼンセン・日本介護クラフトユニオン(NCCU・陶山浩三会長)は11月10日、厚生労働省に塩崎恭久大臣を訪ね、介護報酬の引上げを求める20万筆分の署名を手渡した。

 来年予定される介護報酬の引上げをにらみ、全国で働く介護従事者などの協力を得て8月から取り組んだ署名活動の成果を基に要請したもの。合計19万924筆分の署名用紙を収めた段ボール箱を大臣室に積み上げた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月24日第2994号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ