安全帯買換えを補助 一式1万2500円が上限 厚労省

2018.10.31 【安全スタッフ】

19年度から中小優先で

 厚生労働省は、来年2月1日から安全帯の規制に関する政省令が施行され、安全帯の規格改正が適用されることを踏まえ、2019年度から規格改正に対応していない既存の安全帯の買換えをコスト面で支援する方針だ。一式当たり上限2万5000円の2分の1(1万2500円)を補助するという。補助の対象となるのは、中小企業基本法で定めている中小企業だが、労働者数が少なく事業規模の小さい企業を優先する考え。19年度中に補助事業を行う民間会社を公募・決定し、複数回に分けて募集をかける予定だ。「適用猶予期間内にできるだけ前倒しで買換えを進めてもらい、既存の安全帯が全面使用禁止となる前に少しでも墜落・転落災害の減少を図りたい」(厚労省)としている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成30年11月1日第2317号

あわせて読みたい

ページトップ