測定機器購入に補助金 資力乏しい中小支援へ 溶接作業の保護具フィットテスト義務化で 厚労省

2022.01.27 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、特定化学物質障害予防規則などの改正により金属アーク溶接等作業で、呼吸用保護具を適切に装着していることを確認するフィットテストが義務化されるため、令和4年度からフィットテスト測定機器購入助成金をスタートさせる。特に該当する事業者の大半が資力の乏しい中小零細企業で、フィットテストの実施には高額な測定機器と測定に従事する人材が必要な事情などを踏まえ、経過措置期間中に実施体制の整備を後押しする狙いがある。国が公募で選定した補助事業者から間接補助金を支給するもので、補助率は2分の1、上限は50万円となっている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年2月1日第2395号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。