【特集2】食料品製造業に自主点検 非正規労働者の安全教育も 横浜南労基署が機械災害防止へ本腰

2015.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 食料品加工用機械の安全基準を強化した改正労働安全衛生規則施行後の実態把握と自主的な改善を後押しするため、神奈川・横浜南労働基準監督署(安食正明署長)は、管内の全食料品製造業を対象に自主点検表を配布している。一部の事業場には立入調査を進めているという。労働者300人以上の大規模事業場で動力機械による災害が目立つことが背景にある。パートなどの非正規労働者が被災するケースが多いとして、雇入時だけでなく定期的な安全衛生教育で意識高揚を図るよう求めている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年3月15日第2230号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ