【特集2】危険な場所をひと目で把握 車輪型した労働災害防止マップ 「気付き」への感性高める/東武鉄道南栗橋乗務管区

2020.04.28 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東武鉄道㈱南栗橋乗務管区では「労働災害防止マップ」を作成し、乗務員に注意喚起を図っている。目を引くために大きな車輪のイラストが3つ描かれており、「車両」「乗務中」「構内」に分類。例えば、駅のホームで発生したヒヤリハットの写真を「構内」と書かれた車輪に貼り付ける。ひと目で危険な場所が分かるようにし、危険に気付く感度を高める。抽出したヒヤリハットはさまざまな安全対策に活用。「どのように起きたか」などを詳しく記して小冊子にまとめたほか、事務所玄関口に毎月内容を変えて注意すべき事項を「ワンポイントステッカー」として掲示している。KYTも、労働災害防止マップから取り上げた事象を動画化するなど幅広い展開を図る。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年5月1日第2353号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ