【特集2】「ま・み・む・め・も」でチェック! 電動工具の災害防止図る マニュアル作成し注意喚起/全国低層住宅労務安全協議会

2019.02.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ま…まあいいか、み…視てないふり、む…無視をする――。全国低層住宅労務安全協議会(石野健二会長)は、管理者、作業者が無責任なヒューマンエラーを起こさないよう「ま・み・む・め・も」になぞって注意するよう呼びかけている。さらに、作業者には「き…気を抜くな!、め…目を離すな!、て…手を抜くな!」と「きめて」という言葉を意識することが災害予防の〝決め手〟とした。低層住宅の建設現場では、丸のこやグラインダーなど電動工具による災害が少なくない。作業中でも安全に意識を集中できるよう頭に残りやすいフレーズを考えた。電動工具については、ビデオやステッカーのツールを元にマニュアルを作成し、安全な作業を求めている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年2月15日第2324号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ